ポイントカード 発行する店舗 企業側も 顧客にも利益 ポイントカードのメリット

FrontPage

ポイントカード発行なぜ?

財布には、いろいろなお店のポイントカードでいっぱいになっていませんか

  • 航空会社のマイレージプログラムや、デパートスーパーなどを初め、ここ最近、比較的規模のある店舗においてポイントカードを発行しています。
  • 発行していない店舗はほとんどありません。無いところを探すのが難しかもしれません。
    しかし、なぜお店舗側はポイントカードを発行するのでしょうか?

ポイントカード発行する側と顧客のメリット

  • 再来店の作戦です。ポイントカードを店員さんがお勧めする一番の理由は、次回以降のお客さん来店 購入を促すということです。
  • ポイントカード申込み時の顧客情報と顧客が物を購入した時の「顧客購買動向」を情報として販売戦略に使用できる。
  • 貯まったポイントで次の買い物の一部に利用することが出来る=割引、と思うと、また同じ店に来店するする・・・この点がポイントカード発行する最大の理由でしょう。

keisan-ki

  • 発行する店舗や企業側も、利用する顧客にも利益がある・・・ポイントカードの最大の魅力です。

顧客の囲い込み戦略!

集客のアイテムとして使われているのが一番の理由です。

ポイントカードの交換条件

  • ポイントの交換条件も導入している店舗や企業によって様々です。
  • 次回の買い物から1円分の単位から利用できるポイントカードもあれば、十数回の買い物を重ねてはじめてまとまったポイント合計分を利用できるカードもあります。
  • これは、次回以降の来店購入を促す上で、貯まったポイントの交換のタイミングをどこに置くかを購入単価や来店頻度などを細かく考慮して決めている店舗もあります。

顧客側のポイントカードのデメリット

  • ポイントカードの発行には、磁気カードや会員管理など何らかのコストがかかります。
  • ポイントの全てが使われることがない。つまり、貯められたポイントが使われない状態があることと。
  • ポイントに興味がなく、貯まったままにする顧客にとっては無駄になることがある
    使うことをしない人がいる。
  • 買い物当日はポイントを使用できない。
  • 一般的には、少なくとも2回以上の買い物・利用があって初めてポイントの還元''を提供できること。
  • 現金値引きでないため、値引き感じが薄い。
  • ポイントを利用しない顧客には無意味。

店舗や企業のメリット

  • 現金値引きでないため負担が少ない。
  • 店舗や企業わがとしては、同じポイント還元であれば、その場で値引きするよりもポイントカードのほうが実際の負担が少なくなることが多い。

ポイントカードにクレジットカード付ける。

  • クレジットカード機能を利用するためには、一定の審査が必要になります。
  • その為に会員になる顧客は、クレジットカード会社を通じて「氏名」「住所」「連絡先」など様々な情報を通じて提供せねばなりません。

店舗や企業メリット

  • ポイントプログラムを提供する店舗・企業は、クレジットカード会社を通じて、会員のより詳しい属性・情報を手にすることが出来ます。
  • その詳しい情報を活用して、会員である顧客に対して、新たなサービスの提供を検討することも出来でしょう。
  • ポイントカードを発行している店舗などにとっても、他店舗での利用手数料の一部がクレジットカード会社を通じてポイントカード発行会社に入りますので、ポイントカード発行会社にとってもメリットになります。

顧客側のメリット

  • まず、単なるポイントカードと違いクレジットカードとして使用できること、もメリットでしょう。
  • クレジットカード機能付のポイントカードのほとんどが「クレジットカード利用でもポイントが貯まる」ことを特徴にあげています。
  • 多くのポイントを貯めて使えることは顧客にとってもメリットになります。

カードに関連した商品の通販カタログ

>>> キャッシュカード入れなど関連商品いっぱい! <<<

powered by Quick Homepage Maker 4.23
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional